ニュース【速報】

主に話題になっているニュースを取り上げたまとめサイトです(^з^)-☆

【ニュースまとめ】くら寿司にセブン、バイトテロ『見せしめの法的措置』はむしろ逆効果...賠償請求は現場を委縮させる

1: ばーど ★ 2019/02/18(月) 08:51:03.58 ID:ca6sDxzH9
※抜粋

 しかし、そもそもこういう賠償請求は、実際に賠償請求を行う企業を利するものなのだろうか。 前述したように、不適切動画の投稿に伴う損害賠償請求というのは、法的には決して簡単なものではない。また、この場合に訴えられるのは、めぼしい資産を持たない若年のアルバイトであろうから、仮に裁判で企業側が勝ったとしても、現実の回収は困難である。もちろん、そのアルバイトの親族に、賠償を肩代わりする義務があるわけでもない。

 そうすると、この種の訴訟は、費用対効果の見込めない、いわば「見せしめ」のための訴訟とならざるを得ない。

 他方、この種の事件で賠償請求に打って出ることによるデメリットは、決して軽視できないものがある。こういう裁判は誰から見ても「見せしめ」と映るから、現場の労働者、そして求職者を萎縮させる。アルバイトはお金が欲しくて働きにくるのに、逆に会社から訴えられて巨額の賠償請求をされるかもしれないというのでは、面接に向かう足も遠のくというものだろう。

 現在、「飲食物調理」や「接客・給仕」といった仕事の有効求人倍率は3倍を超えており、立派な人手不足産業である。こうした中にあって、あえて求職者の足を遠のかせるようなことをするのは、どちらかといえば「悪目立ち」の類いの行動である。

 なるほど、確かに不適切動画の投稿はよくないことである。しかし、だからといって、投稿者を法廷に引きずり出して懲らしめるという方法を採ることは、その企業自身を利するものではないように思われる。

 筆者自身は、実際のところ、昨今発覚したような事態は、飲食業の現場では他にも多々起きていることなのではないかと思っている。日本で働いているアルバイトの数は1000万人規模なのだから、その中におかしな行動に出る者が一定数いることは、別に不思議なことではない。

 こうした中で、イレギュラーの事態に際して、感情任せでない、理に即した対応を行うことこそが肝要である。「あえて法には訴えない」という判断は、決して企業の価値を下げるものではない。むしろ企業価値を高めることである。事実をきちんと確認し、法的な見通しをつけ、企業の損得を冷静に見極める視座こそが求められる。

 そうして熟慮した結果が、「事を荒立てない」というところに至ったならば、静かにそれを実践すればよい。冷厳に懲戒処分を実行し、必要な範囲で社会に向けて謝罪し、他の従業員に対しては規律の引き締めを通達する、それで十分ではないだろうか。そして、実際に日本の経営者の多くは、そのように実践してきたのではないだろうか。

 もとより若者というのは、人生経験の不足ゆえに、時として「若気の至り」からの失敗もするものである。そのような若者の失敗をいつまでもあげつらい、法廷で多額の賠償金を支払えといきり立てるのが、見識ある経営者の姿であるとは思えない。

 近時、不適切動画をめぐっていくつかの企業の名前がクローズアップされたが、むしろ、そこに名前の出てこない企業の対応にこそ、学ぶべきところが多いように思われるのである。

 くら寿司は「不適切動画」に断固たる姿勢を示した

 なるほど、このような事態に直面すれば、経営者の方は悔しいと思われるかもしれない。なればこそ、まさしく「沈黙は金なり」と申し上げたい。冷静な判断の結果は決して「泣き寝入り」ではない。

 すぐには目に見えず、形にならないかもしれないが、実際には沈黙こそが、法廷において雄弁を振るうよりも、多くのものを会社にもたらしてくれるはずである。

2019年2月18日 7時55分
iRONNA
http://news.livedoor.com/article/detail/16036490/

続きを読む

【ニュースまとめ】茨城⇒クボタ“正社員”が“派遣社員”に刃物で切られ重体 wwwwww

1: 安倍ちゃん ★ 2019/02/18(月) 09:44:43.63 ID:7Rr7XrmR9
茨城県にある大手産業機械メーカー「クボタ」の敷地内で、正社員の男性が派遣社員の男に刃物のようなもので切り付けられて重体です。警察は殺人未遂事件として捜査しています。

警察によりますと、17日午後10時ごろ、茨城県つくばみらい市にあるクボタの敷地内で、40代の正社員の男性が40代の派遣社員の男に刃物のようなもので首を切り付けられました。
正社員の男性は病院に搬送されて重体です。切り付けた派遣社員の男は、現場近くの車の中で首から血を流して意識不明の状態で発見されました。
車の中からは複数の刃物が見つかっています。正社員の男性は派遣社員の男の指導員で、別の従業員が事件の直前に2人がけんかをしている様子を目撃していました。
警察は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて捜査しています。

(ソース)テレ朝
クボタ“正社員”が“派遣社員”に刃物で切られ重体
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190218-00000003-ann-soci
2/18(月) 5:50配信

★1 の立った時間 2019/02/18(月) 06:38:11.93
(前スレ)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550447209/

続きを読む

【ニュースまとめ】小学生同士がケンカ 先生『やり返していいです』と発言しケンカ止めず 教頭も先手側に『出ていけ』 → 3年不登校に (なぜか録音有り)

1: 水星虫 ★ 2019/02/15(金) 21:06:30.21 ID:sORUI9kc9
不適切な指導で児童3年不登校に

http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20190215/1000025629.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

千葉県松戸市は、市内の小学校で教諭が児童のけんかを止めないなどの不適切な指導があり、
一方の児童が3年近くたった今も不登校になっていると発表しました。

松戸市によりますと、3年前の平成28年5月、市内の小学校の4年生のクラスで、
男子児童に腕をたたかれ、やり返そうとした児童に対し担任の女性教諭が
「やり返していいです」と発言し、けんかを止めなかったということです。

さらに、教室にかけつけた教頭が、最初に腕をたたいた男子児童に対し、
「殴り合いをするならこの学校から出ていけ」とどなったということです。
男子児童は、その1週間後から学校を休み、3年近くたった今も不登校が続いているということです。

当時のやり取りを録音した音声データが、今月インターネット上に投稿され、
市は経緯を把握したということで、不適切な指導があったとして事実関係の確認を進めています。

松戸市の本郷谷健次市長は
「不登校となってしまった児童のケアを最優先に対応したい。
十分な検証を行い、再発防止に努めて参ります」というコメントを出しました。

02/15 19:11

続きを読む
アクセスランキング
アクセスカウンター
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【ニュースまとめ】天皇陛下謝罪発言⇒国会議長文喜相氏『被害者の最後の容赦があるまで謝れということ』 日本の反発に
  • 【ニュースまとめ】天皇陛下謝罪発言⇒国会議長文喜相氏『被害者の最後の容赦があるまで謝れということ』 日本の反発に
  • 【ニュースまとめ】SNS⇒桜田五輪相、池江選手の白血病公表での『ガッカリ』『下火にならないか心配』に批判コメント殺到…『人格を疑う』の声
  • 【ニュースまとめ】SNS⇒桜田五輪相、池江選手の白血病公表での『ガッカリ』『下火にならないか心配』に批判コメント殺到…『人格を疑う』の声
  • 【ニュースまとめ】著作権侵害⇒スクショもダメ…コンテンツのダウンロード『全面的に違法』方針決定
  • 【ニュースまとめ】受験⇒那覇市の女性(20)、出願書類30分遅れで受理されず『沖縄から急いで来た。少しは考慮して』と不満 静岡県立大薬学部入試
  • 【ニュースまとめ】受験⇒那覇市の女性(20)、出願書類30分遅れで受理されず『沖縄から急いで来た。少しは考慮して』と不満 静岡県立大薬学部入試
  • 【ニュースまとめ】『会うことの対価として一定金額の提示を受けていた』茨城女子大生殺人事件 容疑者と被害者間の“30万円トラブル”
  • 【ニュースまとめ】『会うことの対価として一定金額の提示を受けていた』茨城女子大生殺人事件 容疑者と被害者間の“30万円トラブル”
最新記事
スポンサードリンク